名古屋大学医学部附属病院の初期臨床研修

卒後臨床研修・キャリア形成支援センター

名古屋大学医学部附属病院の初期臨床研修

卒後臨床研修・キャリア形成支援センター

名古屋大学医学部附属病院 卒後臨床研修・キャリア形成支援センター

センター長ご挨拶

東海地区最大の
医師ネットワーク拠点で
人脈作りを

卒後臨床研修・キャリア形成支援センター長 教授 錦織 宏 1998年 名古屋大学卒

皆さんは医師として働き始める最初の2年間、喜怒哀楽も含めた様々な感情の荒波に晒されます。臨床現場には患者さん一人一人のライフヒストリー(人生史)と病いのナラティブ(物語)があり、学生時代に身につけた知識と技能だけで患者さんの抱える苦悩に対峙するには、皆さんがあまりにも未熟だからです。ただその未熟さがむしろ臨床現場では力になりうるのだということも、研修医として過ごす2年間で実感することになります。国家試験で問われることのあまりない、でもとても大事な臨床マインドを、名大病院に所属する指導医だけでなく、看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・事務職員など、皆さんにとっての社会人の先輩と接する中で、涵養していってください。
研修病院としての名大病院の強みは、名大方式とも言われた非入局スーパーローテート研修の歴史、世界で活躍する医学研究者との近い距離、世界標準の質の医療を提供している臨床現場、東海地区最大規模のクリニカルシミュレーションセンターなど、枚挙にいとまがありませんが、何といっても誇るべきはその構成員だと思っています。目標にできるような指導医と出会え、病院の中で自分なりの居場所を持ちながら臨床研修を行うことができるような環境を名大病院では準備しています。志のある皆さんとの出会いを楽しみにしています。

センターの特長

1

初期研修プログラムはセンターが一括管理しています。

2

研修医は初期研修中の2年間、センターに所属し、非入局でフレキシブルな初期研修を行うことができます。

3

センター所属の医師と事務職員が、初期研修に関することだけでなく、研修医に対してあらゆるサポートを行います。

4

センター所属の教育専任教員を11診療科に配置し、診療科での研修医指導はもちろん、研修医対象のセミナーや勉強会も数多く開催しています。

5

初期研修だけでなく、後期研修や生涯研修まで、医師としての生涯にわたるキャリア形成をサポートします。

11人の教育専任教員が研修医を全面サポート

名大病院では、2014年度から卒後臨床研修・キャリア形成支援センター所属の教育専任教員を11診療科に配置して、屋根瓦方式の研修医指導体制を一層充実させました。
研修医一人ひとりに教育専任教員がコーディネーターとしてつき、定期的に面談を行うなどいつでも親身に相談に乗ります。また、教育専任教員は、研修医の指導や各診療科の研修コーディネートだけでなく、診療科の枠を超えた横のつながりを生かして、研修医のニーズに応じたセミナーや勉強会などを企画・実施しています。

勉強会

教育専任教員ミーティング

臨床医にとっては診療の技術・知識も重要ですし、「良い医療者とは何か」といった臨床哲学的な模索も大事です。一緒に考えていきましょう。

小笠原 一能 教育専任教員
(精神科)
1995年 京都府立医科大学卒

研修ではプライマリケアから高度専門医療にわたる臨床とともに最新の研究に触れることで幅広い経験、知見を得る機会があります。
 

佐橋 健太郎 教育専任教員
(脳神経内科)
1999年 名古屋大学卒

最先端医療の中で基礎からじっくり学びませんか。わたしたち教育専任教員があなたの研修をサポートします。
 

村松 友佳子 教育専任教員
(小児科/総合周産期母子医療センター)
2000年 名古屋大学卒

当院での研修は、長期的に多様なキャリアパスを考え選択していく上で、大きな力になると思います。
 
 

牛島 洋子 教育専任教員
(血液内科)
2003年 名古屋大学卒

名大病院研修のいいところは、熱い指導陣!豊富で幅広い症例数!いろんな研修ニーズにこたえられる懐の広さ!手厚く支えてくれる事務の皆さん!です!!

髙見 秀樹 教育専任教員
(消化器外科)
2003年 名古屋大学卒

幅広いサポート体制と多彩な症例があり、様々なニーズに対応可能です。我々と共に魅力的な研修を作り上げていきましょう!
 

田中 章仁 教育専任教員
(腎臓内科)
2005年 名古屋大学卒

ただたくさん症例を経験するだけでは獲得できない洗練された臨床能力を一緒に身に付けましょう!

 

近藤 猛 教育専任教員
(総合診療科)
2006年 名古屋市立大学卒

最先端の治療とEBM、各専門科のしっかりしたバックアップで安心・安全な研修を。一緒に働けることを楽しみにしています。
 

藤川 裕介 教育専任教員
(循環器内科)
2006年 名古屋市立大学卒

充実した指導体制に対し一人一人に目が届く人数での研修。ここまで恵まれた体制は全国でもここだけです。一緒に魅力的な研修を作っていきましょう。

尾上 剛史 教育専任教員
(糖尿病・内分泌内科)
2007年 名古屋大学卒

一般臨床、救急対応はもちろん、先端医療、基礎研究、地域医療ect.なんでも学んで選ぶことができます!特に進路にお悩みの方、ぜひどうぞ。

金 聖泰 教育専任教員
(老年内科)
2009年 名古屋大学卒

「女性診療」を経験することは、将来どの科に進むにも重要です。名大ならではの充実した指導体制で、皆さんの学びをサポートします!
 

玉内 学志 教育専任教員
(産科婦人科)
2011年 名古屋大学卒

卒後臨床研修・キャリア形成支援センターでは、事務スタッフも研修医の皆さんを万全のバックアップ体制でサポートいたします。日常面での事務的サポート(各種提出書類のとりまとめ、勤怠管理など)に加え、研修説明会の開催、見学生の対応、採用試験の運営、研修プログラムの策定などなど、センター長及び教育専任教員と協働しながら、初期臨床研修に関するあらゆる業務を行っています。

学生・研修医の皆さん、お困りごとがありましたら、気軽にスタッフへご相談ください!
卒後臨床研修・キャリア形成支援センター 事務2名
【関連部門】総合医学教育センター 事務4名、総務課臨床研修係 事務4名
※2020年1月末時点

専門研修

初期臨床研修概要

プログラム概要

処遇と待遇

所属

卒後臨床研修・キャリア形成支援センター

身分

医員(研修医):非常勤

給与研修手当

諸手当(研修奨励手当、超過勤務手当等)を含めて月額約35万円程度
休日手当は支給しない。

勤務時間

8時30分~17時15分(休憩時間:60分)※ 週38時間45分勤務。
ただし、ローテート期間中は始業時間、終業時間に変動あり。

休暇

年次休暇:1年次10日、2年次11日
その他の休暇:夏季休暇(3日間)、忌引休暇など

当直

ひと月当たり4回程度

社会保険労働保険

健康保険(全国健康保険協会管掌健康保険)、公的年金(厚生年金)
労働者災害補償保険法の適用 有
国家・地方公務員災害補償法の適用 無
雇用保険 有
医師賠償責任保険の扱い 病院で加入(全員加入)

健康管理

健康診断 年2回実施 各種予防接種 実施

その他

外部の研修活動、学会、研究会等への参加可能
(学会、研修会等への参加費用の一部支給あり)
保育施設:有(定員制)
研修医室:有
研修用宿舎:有
※2年間の初期臨床研修期間中は、アルバイトは禁止とする。

研修医受入数

名古屋大学医学部附属病院 臨床研修 理念

医師としての人格をかん養し、患者を全人的に診ることができ、プライマリ・ケアに対応できる医師を育成する

名古屋大学医学部附属病院 臨床研修 基本方針

将来の専攻や進路に関わりなく、チーム医療の実践力等
全ての医師が身につけるべき基本的臨床能力の修得を目標とする。

地域の協力施設と密に連携して、その時代の地域社会・患者のニーズに
柔軟に対応した研修プログラムを提供する。

非入局スーパーローテート研修を原則とする。

興味や志向性、将来のキャリアパスなど研修医の個別なニーズに
柔軟に対応した研修プログラムを提供する。

指導医、看護師およびその他の医療従事者をはじめとする病院職員全員が
研修医教育に参加する。